戸建賃貸経営のメリット

  • ホーム > 
  • 戸建賃貸経営のメリット

ローリスクの優れた土地活用法が戸建賃貸です

今、なぜ戸建賃貸経営なのでしょう。アパート、マンションにない、戸建賃貸ならではとも言える数々の利点とは? こちらでは、熊本で土地活用、資産運用をサポートする「みたてせつけい舎」が戸建賃貸経営のメリットをご紹介します。

これだけある、戸建賃貸経営のメリット

1.需要増が顕著な戸建賃貸はビジネスとして有望

1.需要増が顕著な戸建賃貸はビジネスとして有望

最近の経済ニュースでは、アパート、マンションの供給過剰を報じる記事が多く掲載されています。それだけ市場がマンネリ化しているということであり、もし資産運用をこうした物件で行うと空室リスクがマイナス要因になる可能性があります。一方で戸建へのニーズはどんどん高まっているにもかかわらず賃貸物件の供給は慢性的に不足しており、その意味では戸建賃貸はきわめて有望な投資対象となる可能性を秘めています。見込み客である入居希望者のニーズに合致した物件を提案できれば、空室リスクを抑えながら、継続した安定収入が可能になるはずです。

2.リスクが少ない、手持ちの土地を生かせる

2.リスクが少ない、手持ちの土地を生かせる

いかに有望な投資先でも、初期投資がかさんだり、諸々のリスクを抱えた土地であったりするようでは意味がありません。その点、規格化した木造住宅なら投資リスクは低く済みます。また、土地も40坪程度で2棟まで建てることができるなど投資効率の面でも優秀。これに比べ、アパート、マンションを建てるとなると規模が大きくなりすぎて初期コストが膨らんでしまいます。また、もし手持ちの土地が狭小地や変形地でも戸建ならその形状を生かした住宅が建てられますが、アパートやマンションではこうはいきません。もちろん2、30坪の小さな土地では集合住宅の実現はまず難しいでしょう。

3.魅力の高利回りで毎月の家賃収入も期待以上

3.魅力の高利回りで毎月の家賃収入も期待以上

アパート、マンションと違い、同じ賃貸でも戸建なら居住期間も長期にわたる傾向があるので空室リスクが低いことも見逃せないメリット。しかも、築年数が経過しても家賃を下げる必要がない点も戸建ならではと言えます。こうした戸建の長所を生かせば、利回り10%超の安定した家賃収入を実現することも夢ではありません。

4.長期優良住宅仕様で資産としての付加価値も高い

4.長期優良住宅仕様で資産としての付加価値も高い

断熱性、耐震性、耐久性、設備更新の容易さなど、国が定める数々の基準をクリアした長期優良住宅なら資産としての価値を長く維持することができ、安定した賃貸経営が可能です。また長期優良住宅には税制面でのさまざまな優遇措置が期待できます。さらに、定期的なメインテナンスにより住宅外観は末永く美しく保たれるため、居住者にとっても誇らしいだけでなく、近隣住民からの印象も良好なものになります。

5.節税、相続のしやすさなど見逃せないメリットも

5.節税、相続のしやすさなど見逃せないメリットも

同じ土地を駐車場にしても更地の場合と変わらない高い固定資産税がかかります。戸建住宅にすれば固定資産税なら1/6、都市計画税なら1/3まで節税できるので、圧倒的に有利な運用方法と言えます。また、当面は賃貸で家賃収入を得、時期を見て家族の住居用に、2棟あれば片方を賃貸にしてもう片方を住居用にと柔軟に用途を変更できるのもメリットです。さらに相続する場合でも2棟が独立しているので、均等に分けることもでき、“争続”回避にもつながります。

6.ゆとりある老後をおくるための資産運用法

6.ゆとりの老後を保証するハイリターンな資産運用法

民間の調査によれば、ゆとりある老後のためには毎月約38万円が生活費として必要というデータが出ています。しかし、60歳以上の無職世帯の標準的な生活費は21万円という実情があり、その開きは決して小さくありません。夫婦世帯の平均年金受給額が23万円程度ということを考えてもギリギリの生活と言えるでしょう。もし、手持ちの土地が遊んでいるなら、これを有効活用して生活費にゆとりをプラスしない手はありません。ローリスクながら十分以上のリターンが得られる戸建賃貸経営は、その意味でも老後の人生をより豊かにするための“決め手”と言えます。